なぜデスクワークで腰痛に?

デスクワークとは、
机に向かって仕事をすることですね。

 

 

最近ではパソコンが
多いのではないでしょうか?

 

 

整体院禅にもデスクワークをしていて
腰痛になったという方がよく来ます。

 

 

ではなぜ腰痛になるのでしょうか?

 

 

パソコンをしている時の姿勢を
思い出してください。

 

 

腕を前に出して作業するので、
背中が丸まって猫背になります。

 

 

そしてこの姿勢で長時間作業をするので
筋肉や筋膜が固まってしまうんです。

 

 

たった1時間でも同じ姿勢をとると
筋肉や筋膜が固まり痛みや痺れを
出すことがわかっています。

 

 

その中でも今回は
広背筋という筋肉について説明します。

 

 

この筋肉は腕から、肩甲骨
そして骨盤に付着する大きい筋肉です。

 

 

読んで字のごとく
広い、背中の筋肉で
広背筋です。

 

 

この筋肉はパソコン作業などしていると、
腕の重さを支えているので酷使されます。

 

 

そしてこの筋肉の走行は
腕、肩甲骨から始まり
最後は骨盤にまで付着するので、
腰痛をひきおこします。

 

 

本当に整体院禅にくる方も
広背筋が腰痛の原因でした
って人多いんです。

 

 

ですから本日は座ったまま
すぐできる簡単な広背筋の体操を
こちらで詳しく説明します。

 

 

金井慈

 

 

PS:
メルマガでは配信されていない「整体院禅の秘密」を
Facebook限定でウェブで見ることができます。
フォローはこちらから

https://goo.gl/m2dg0N