はじめまして!
整体院 禅 院長の金井です

施術家としての思い

整体院 禅 院長写真
整体院 禅 院長写真

前職では 立ち仕事を朝から晩まで一生懸命していました。そんなある時、2ヶ月くらい休みなく働いていると、無理がたたり腰痛により立てなくなってしまったのです。その時は本当にみじめな気持ちだったのを憶えています。すぐに上司が程近い整体院に連れて行ってくれました。そこでは3人がかりで私の上から覆いかぶさり、なにやら「入った、入った。」と大声で言っていました。おかげで施術後には症状は改善し帰りには歩いて帰ってきました。その時にはなぜ歩けるようになったのかまったくわからなかったのですが、感謝の気持ちはずっと持っていました。

国家資格は取ったけれど、、、

そんな治療家になりたいと40歳手前で15年勤めた会社を退職、家族に支えられながら3年間専門学校に通いました。晴れて国家資格を取り、私も腰痛に悩む人達のお役に立てると喜びました。

しかし現実は違い、痛みやシビレのある患者様を前に痛みを改善させることができませんでした。さらに悪化させてしまう事もあり、本当に申し訳なく思っていました。

日本疼痛リハビリテーション協会との出会い

そんな時、疼痛治療の講習会をみつけた私は迷わず参加しました。何かヒントとなるような手がかりが欲しかったのです。今にしておもえばそれが日本疼痛リハビリテーション協会との出会いでした。さっそく患者様に試すと、患者様に痛みの変化を出せるようになってきました。痛みが軽減していき、かつての生活を取り戻す患者様をみている内に、もっと多くの方が困っているはずだ。その人たちをかつての自分のように少しでも助けるのが自分の使命ではないか?と感じるようになりました。こうして整体院 禅での治療を始めるにいたりました。

また現在も日本疼痛リハビリテーション協会公認講師として、全国の理学療法士、柔道整復師へ疼痛治療を普及しており、その指導力には定評があります。

日本疼痛リハビリテーション協会との出会い日本疼痛リハビリテーション協会との出会い